カードローンの利用について

印象的なテレビコマーシャルで知っている人が多い新生銀行のレイクなら、パソコンからだけじゃなくて、スマホからの申込でも一切窓口を利用せず、申込をした当日に入金される即日キャッシングもできるから利用者急増中です!

対応業者が増えているWeb契約なら、すごく手軽で時間がない人にはすごくうれしいシステムですが、キャッシングについての申込というのは、どうしてもお金が関係するわけですから、記入漏れや誤りなどミスがあれば、必ず通過しなければならない審査でOKがでないという結果になる可能性も、ほんの少しだけあるわけです。

カードローンを扱う会社には、まずは信販系の会社、金利が高めになる消費者金融系の会社といったものがあるわけです。中でもやはり銀行関連の会社は、審査の時間を要し、なかなか即日融資は、無理な場合も珍しくありません。

キャッシングの前に行われる「事前審査」という言葉だけを見ると非常に大変なことみたいに感じてしまう方が多いのかもしれませんけれど、一般的なケースであれば決められた記録を使って、最初から最後までキャッシング業者側がやってくれるものなのです。

住宅購入時のローンや自動車購入ローンとは異なって、カードローンの場合は、融資されたお金の使用理由は限定されないのです。そのような仕組みなので、ローン金額の増額も制限されないなど、それなりに強みがあるというわけです。

探したければ金融関連のウェブサイトに集約されたデータを、使うことによって、頼みの綱ともいえる即日融資に対応可能なのはどの消費者金融会社なのかを、どこにいても検索してみて、どの会社で融資を受けるのかを決めるのも、可能なのです。

他と違って銀行の融資というのは、総量規制の除外金額なので、カードローンで融資を受けるなら、銀行を選ぶのが正解だと覚えておいてください。借金の上限として、年収の3分の1未満までしか、例外を除いて借りることが不可能だという規制なんです。

この総量規制の除外というのは専業主婦の方についても大きなポイントとなってきます。消費者金融の場合専業主婦への貸し付けが、総量規制によってかなり面倒になったため、専業主婦への貸付自体をやめてしまっているところが多いのです。

でも、銀行は総量規制の除外のため専業主婦でも借りれる可能性があるというわけですね。詳しくは≪こちら≫のサイトを確認してみてください。

ほとんどのキャッシング会社では、新しい申し込みがあったらスコアリング方式という分かりやすい客観的な評価の手法を使って、融資できるかどうかの詳細な審査を実施しています。ただし同じ審査法でもキャッシングを認めるスコアは、当然会社ごとに開きがあります。

会社が異なると、必ず当日の定刻までに融資の申し込みが完了のときだけ、。そんな具合に定めがあるのです。絶対に即日融資が必要なときは、申し込む時刻についても確認しておいてください。

ご承知のとおりキャッシングの認めるかどうか審査するときの基準というのは、それぞれのキャッシング会社で多少は違ってきます。銀行系のカードローンは通りにくく、次が信販系の会社や流通系のキャッシング、最後に消費者金融系の順番で通過しやすいものになっているのです。
新規のキャッシングに利用申し込みをするまでに、努力してパートなんかでもいいから仕事にはどこかで就いていないとうまくいきません。いうまでもありませんが、就業年数は長期のほうが、融資の可否を判断するための審査であなたを有利にするのです。

無利息というのは、お金を貸してもらったのに、利息を支払う必要がないことなのです。無利息キャッシングという名前で呼ばれてはいますが、やっぱりそのままずっともうけにならない無利息で、借金させてくれるという都合のいい話ではないですよ。

真剣に取り組まずにお手軽で便利だからとキャッシング審査を申込んでしまうと、本当なら通ると思われる、よくあるキャッシング審査でさえ、通過させてもらうことができないというような判定になる場合が想定されますから、あまり軽く考えないほうがいいでしょう。

業者が最重要視している審査の項目は、当事者の信用に関する詳しい情報です。今日までにローンの返済にあたって、遅延、滞納、あるいは自己破産したことがあったら、残念ながら即日融資を受けていただくことは不可能です。

今までの勤務年数と、現在の住所での居住年数はどちらも審査される項目なんです。ちなみに勤務何年かということであるとか、申し込み日現在における現住所で住んでいる年数のどちらかが短いと、申し訳ないのですがカードローンの審査のときに、不利な扱いを受けると思ってください。

 
~~~お金の悩み~~~

【子供にかかるお金が多い】

昨年の11月に子供が産まれました。初めての子供なのでとてもうれしかったですし、大変ではありますが、子育てを一生懸命頑張っています。

しかし、大きな悩みは子供の服や子育てに必要な道具などを買いそろえるのに湯水のごとくお金が出て行くことが悩みの種です。それまでは家族は妻と二人だけだったので、二人の稼ぎを合わせると年に一回は海外旅行に行ったりする事も出来ましたが、妊娠・出産のため妻は仕事を辞めたのでそちらの収入がなくなり、現在は子育ての必需品を買いそろえるために出て行くお金が多く、妻との二人暮らしの時のような余裕は無くなってきました。

貯金はどんどん減っていくばかりです。また必需品だけではなく、子供の保険などにも加入したため、そちらの支払いも定期的に出て行くことになります。

当然、私のお小遣いは半減。趣味に使えるお金も減り、昼食は外食から弁当に切り替えました。現在妻は子供にかかりっきりなので、自分のためにお金を使う暇はさほどないようですが、それでも時にはショッピングくらい楽しみたいはず。

どうして育児用品はあれほど高価なのでしょうか?赤ちゃんの成長は早いので、すぐに着れなくなるような下着や衣類でも着替える分を考えて何着分も購入するとすぐに数千円に。

チャイルドシートは新品で高価なものであれば6~7万円。新生児用の揺り籠シートも万の値札が付いています。とてもそのような支出は難しいので、リサイクルショップの中古品を購入して使ったり、すでに新生児の子育てが終わった友人から分けてもらったりして何とかやりくりしています。

少子化対策などというのであれば、産まれた後にかかる必需品の費用も安く抑えられるような施策を政治家のみなさんに考え出してほしいものです。

新生児~乳児の内にかかる費用が安くなって、親の金銭的負担が軽くなれば経済対策にもなるし、一石二鳥のような気がするんですが。

 

【再就職が厳しく時給も低い!】

職場がモラハラの激しいところで、メンタル疾患に罹って退職しました。正確にはどうしようもなくなって退職してから、家族の認知症診断のために精神科に付き添って、そこで私自身のメンタル疾患を指摘されたという次第です。

その頃は、しょっちゅう過呼吸が起きていました。資格を取るための勉強をしている間、通院しながら、治療に重点を置いて貯金を切り崩して生活していました。

資格を取っても、再就職は厳しいことをその後痛感しました。どこの職場も年齢制限があったのです。せいぜい34歳まで。キャリア形成のためという理由で、40過ぎの私は、募集の段階で切られてしまいました。

退職したことを、何度も後悔しました。でも、あの職場にいたら、けっきょく自殺に追い込まれていたわけなので、生きているだけマシと考えるようにしました。

ようやく見つけたパートの仕事も時給が700円。しかも、交通の便が非常に悪い田舎に引っ越したため、自動車を持っていない私は、職場に行き来するだけで、時給の3時間分が消えてしまいます。これは痛いです。

けっきょく、実質的に稼ぐのは毎日1400~2100円くらい。かつかつの生活です。

実家に戻っていて家賃がかからないから、なんとかやっていけますが、本当に苦しいです。買い物をする時も、1円でも安い品を探して血眼になります。

スーパーで品定めをしている老年の女性に「どれが美味しいかしら?」と声を掛けられた時は、心底羨ましくなりました。私も味で選んでみたい。一番安いからという理由以外で選んでみたいと痛切に思いました。

病気がまだ治っていないので、通院代や薬代も払うたびに気になります。

病気をした時にお金の心配をするのは、本当に辛いです。お金の心配をすることが、消費税が上がってから増えました。食料品だけでも、もとの5%に戻って欲しいです。

 

2歳と0歳の男の子の育児

上の子が2歳のなったばかりのとき、二人目を出産しました。

下の子が生まれたとき、長男が2日間高熱をだしました。突発性の熱だったのですが精神的なモノからきたのかなと思ってしました。

産後自宅に帰ってからも、突然現れた、ママを独り占めする存在に少し戸惑っているようにも見えました。

主人とも相談しなるべく、長男はママ、次男はパパと決めていましたが、実際はそうもいかずに、結局私は手のかかる次男をかまい、上の子に我慢をさせていたように思います。

でも、長男とのスキンシップタイムもわたしなりに設けていましたし、長男だダメと言えば、泣いている次男を放置して長男を抱くこともありました。

主人も仕事や遊びで、夜家を空けることが多く、次男の夜泣きが酷い日には、その泣き声で長男も目を覚まし、次男の授乳をしようとすると「ダメー!」と大泣きをし、夜中に三人で泣くこともありました。

ある日、主人と長男が二人で外出をしていたとき、長男が「おうちに帰りかたくない」と泣いたそうです。眠たくてグズグズなっていたのもあったようですが、なぜ帰りたくないのか理由を聞くと、「ママは弟が好きだから」と言ったそうです。

その話を後から聞いた私は衝撃で、そんな風の思っていたんだなと思い、涙がでました。

今では、弟の存在も受け入れているようですが、複雑に思う部分も少しはあると思い、基本長男を優先させています。

また、2歳でイヤイヤ期の真っ最中で、何を言っても「イヤ!」の一点張りで、こっちもイライラして怒ってしまうことも多々あります。 怒ってしまい、後悔し反省し、また怒ってしまうの繰り返しです。

色々な方の話を聞いていると、うちもそうだと共感するママ友が多いです。

2歳になると少しづついろんなことが自分で出来るようになり、こうして親の手を離れて行くのかなと少し切なくもなりますが、成長が嬉しくもあります。 子育てに正解はないと思うし、私自身も、母親2歳なので、子供たちと一緒に成長していこうと思っています。